結婚式 和装

結婚式の和装、白無垢について由来などを調べてみました

結婚式の和装は、いくつか種類がありますが、白無垢はその中でも最も格式の高い正礼装です。
たくさんの女の子が、純白のウエディングドレスに憧れるのと同じくらい、和装のなかでも白無垢は大変人気があります。
今回は、その白無垢の種類や由来などについて詳しく調べてみました。

 

白無垢が結婚式で着られるようになったのは、室町時代からです。
当時、白無垢の打ち掛けは、身分の高い女性たちが着る、格の高い婚礼衣装でした。

 

白無垢を着ることには、「新婦の身の清らかさを表し、穢れのない姿で神に誓う」また、「清らかな身と、気持ちで結婚式を迎えて、嫁いだ先の色に染まる」という意味が込められています。
昔から、日本では白が神聖な色として考えられてきました。
まっさらな心で、人生の新しい門出を迎えるという意味で、白無垢は婚礼にふさわしい衣装でしょう。

 

白無垢を着るシーンは、元々は神社で執り行う神前式でしたが、現代ではお寺での仏前式や、チャペルでの式、人前式でも着る人もいます。
最近では、結婚式は洋装だけれど、和装の姿も記念に残したい、と前撮りで白無垢を着る人も多くなりました。

 

白無垢は、通常の着物と同じように肌着や長襦袢を着たあとに、掛下着と呼ばれる着物を着ます。この掛下着は純白が一般的でしたが、現在は比翼が赤いものやパステルカラーのものなどのバリエーションもあるため、選択肢も多くなりました。

 

白無垢の色は、白一色以外にも、色々なタイプがあります。
純白、オフホワイト、生成りなど微妙に色も変わるため、実際に羽織ってみて自分に似合う色を選ぶといいでしょう。

 

また、最近では打ち掛けの襟や裏地、そして裾に赤いラインが入った「赤ふき」、裏が赤くなっている「紅裏」などがあります。
他にも、白地に柄が入っていたり、刺繍入りの華やかなものまで、個人の好みに合わせた1着を選ぶことができます。

 

白無垢の打ち掛けと掛下着は、お引きずりとなるため、歩くときには紐で掛下着を一緒に折りたたんで、おからげ、の状態にします。お引きずりの状態を手で持って、褄取りにすることも可能です。

 

白無垢の印象を、ガラッと変えるアイテムは、頭飾りになります。
最近は洋髪も多いですが、文金高島田の上に、頭を覆うようにかぶる袋状の「綿帽子」と、文金高島田の上にかぶる帯状の布の「角隠し」を合わせると、伝統的な花嫁さんの姿になります。

 

それぞれの小物のチョイスなどで、白無垢でも色々な着こなしが可能です。
純白の美しい和装姿で人生の晴れの日を迎えると、より一層祝福された気分になりますね。

 

ちなみに、式が終わって着なくなった白無垢は高価で売れることが多いので、買取業者に買い取ってもらうのがいいのですね。
ただ、街のリサイクルショップは店員の知識レベルが低いため買い叩かれる危険性が大!
「バイセル」や「着物買取プレミアム」など、買取スタッフの知識が高い着物買取 おすすめです。

結婚式の和装、色打掛について由来などを調べてみました

色打掛は、白無垢とともに花嫁衣装を代表する格式の高いものです。室町時代、武家の女性が小袖の上から羽織のように着ていたことから、打掛と呼ばれるようになり、夏以外の礼装として扱われていました。
江戸時代になると、裕福な町人の女性たちが婚礼衣装として着用するようになったと言われています。
しかし、現代のように色打掛を結婚式で着るのが一般的になったのは、意外にも比較的最近のことで、1960年台以降になります。

 

色打掛を着るシーンは、白無垢やウエディングドレスで挙式後、披露宴のお色直しの衣装として着る人が多いようです。
格の高い着物ですので、挙式できても問題ありませんが、色打掛の豪華絢爛な衣装は、ホテルや結婚式場の盛大な披露宴にぴったりですね。
他にも、フォトウエディングやパーティなど、様々なシーンで色打掛が選ばれています。

 

色打掛の色は、若い女性の衣装によく用いられる赤が代表的ですが、黒や金、白やピンクなどさまざまな色から選ぶことができます。
柄も、吉祥模様を基調にしたものが多い、様々なバリエーションがあり、試着してみて、顔映りが良いものを選ぶといいでしょう。

 

色打掛の生地にも、「織物」「染物」「刺繍物」の3種類があります。最近では、この他に透け感のある、オーガンジーや絞りなどの色打掛も出てきました。

 

織物は、金糸や銀糸などを基調にし、色鮮やかな糸で織り上げて、柄を刺繍のように織りだしたものです。重厚感があり、ゴージャスで華やかな雰囲気になります。

 

染め物は、布に文様を描く友禅などで知られています。織物や刺繍と比べて軽く、優しい雰囲気に見せてくれます。

 

刺繍物は、生地に刺繍で柄を描いて、柄が立体的に浮き出たような仕上がりになります。

 

色打掛の色、柄、生地でそれぞれ違ってきますので、試着をして自分に似合う1着を見つけるといいでしょう。

 

髪型は、最近では洋髪も人気になっています。色打掛は、華やかで色々な色が入っているので、洋髪にして、大きくてカラフルな髪飾りでゴージャスにアレンジできます。
また、ドレスから色打掛へのお色直しであれば、洋髪にするとヘアセットの時間短縮になるでしょう。

 

伝統的な和装にしたい場合は、白無垢同様、文金高島田に角隠しで合わせると、とても気品溢れ、優雅な花嫁姿に仕上がります。

 

色打掛は和装の結婚式では、一番着用されることの多い着物です。豪華な色打掛は、新しい門出に華を添えるピッタリの衣装といえるでしょう。

結婚式の和装、引き振袖について由来などを調べてみました

引き振袖は、通常の振袖を着るときにつくる「おはしょり部分」がなく、裾をひいた着方をする振袖のことです。

 

引き振袖の中でも一番格が高いとされているのが、黒引き振袖といわれ、江戸時代後期から昭和の初期の婚礼で使われていました。

 

昔は、黒の引き振袖しかなく、由来は白無垢と同じく、「他の誰にも染まらない」という意味が込められており、貞操を意味していたといわれています。

 

黒引き振袖のルーツは江戸時代、宮中や将軍家に仕えた働く御殿女中の装いです。
御殿女中の仕事は、町民の女性たちの憧れでした。そのため、女性たちがその姿を自分の結婚式の装いに真似をしたのが始まりともいわれます。

 

昔の黒引き振袖は、袂の下にだけ柄があるのが一般的で、結婚後は、留袖に仕立て直して末永く使いました。
昭和後期になると、黒引き振袖意外にも、様々な色合いのデザインが着られるようになり、現代は様々な選択肢があります。

 

引き振袖は、白無垢や色打掛と違い、打掛を着ないので、豪華な帯を楽しむこともでき、他のものに比べるとスッキリとした綺麗なシルエットです。また、和装の中では身軽な方なので、会場内での挙動を楽にしたい人や、マタニティの人、カジュアルな雰囲気のパーティにもおすすめできます。

 

引き振袖になる振袖の種類は、大振袖です。引き振袖は、比翼仕立てで、裾や袖口にふき綿という綿が入ります。
最も人気が高いのはやはり黒引き振袖です。黒以外にも、日本の伝統色で、穢を払う魔力を持っているといわれる朱色、古来より高貴な色といわれている紫なども人気です。

 

引き振袖を着るシーンは、披露宴が多いですが、挙式にも着用することができます。他にもアットホームなウエディングスタイルにも引き振袖はぴったりでしょう。また、フォトウエディングで引き振袖を選ぶ人もいます。

 

引き振袖の場合、日本髪でも洋髪でもどちらでもよく似合います。
文金高島田に角隠しは黒引き振袖にはピッタリの組み合わせですね。
洋髪も、かんざしやお花など豪華な髪飾りをするとよく映えます。

 

振袖は、未婚の女性が身につける第一礼装で、結婚式が振袖を着る最後のチャンスになります。
引き振袖は、豪華に裾を引き、シュッとした着姿に、豪華な帯結び、と見せ所がたくさんあります。和装の中でも比較的身軽なので、和装は大変そう・・・と思われる人にもぜひトライしてもらいたい1着です。

振袖はどういうときに着る着物?

成人式や結婚式などで、若い女性が着ているのを見にする機会も多い華やかな振袖。この振袖には、どのような由来があるのでしょうか。
また、着用するシーンや、種類について調べてみました。

 

振袖は、未婚女性の第一礼装です。
本来は、結婚後は着ることができませんでしたが、最近では結婚後間もない若い女性は、着用することもあるようです。

 

振袖の起源は、奈良時代まで遡りますが、今のような形になったのは江戸時代になってからです。
古来より「振る」という言葉には、厄除けや神を呼び起こすために空気を揺るがすという意味がありました。振袖の長い袖を「振る」ことにより、災いや難を避ける厄除けの考えを含んでいたようです。

 

また、歌舞伎などで袖を振る行為を見ますが、意中の男性に思いを伝える方法のひとつとして長い袖を振ります。結婚後は、その必要がなくなるため、袖も短くするのです。

 

振袖には、「大振袖」「中振袖」「小振袖」という3種類あります。
それぞれ、袖の長さや着物の造りが違い、格も変わるため、着用するシーンが異なってきます。
この3種類以外にも、結婚式で花嫁が着る、「引き振袖」もあります。

 

中振袖は、袖丈が100cm前後あり、未婚女性の正礼装になります。成人式でよく着用されているのがこの中振袖です。成人式以外でも、友人の結婚式や格式あるパーティなどにも着用可能です。

 

大振袖は、袖丈が114cm前後あり、一番袖丈が長く、結婚式でも花嫁のお色直し用として着用されている振袖です。
格が一番高い第一礼装となり、華やかな雰囲気が特徴です。柄も結婚に適した吉祥柄が多く、鶴や、松竹梅といったモチーフが多くなります。
また、両前身頃、両袖、後ろに5つ紋がついている場合が多いですが、最近ではついていないこともあります。大振袖は基本的には花嫁衣装でしたが、最近では少数ですが成人式に着る人もいるようです。

 

引き振袖は、袖の長さは大振袖と同じで、裾を引いて、着付けることが特徴です。
黒の引き振袖は、江戸後期から昭和にかけて、正式な婚礼衣装と言われていました。

 

小振袖は、袖丈が85cm前後で、振袖の中では一番袖丈が短いので、大振袖や中振袖に比べると、着用も楽で動きやすいです。
小振袖も成人式で着用されることがあり、また卒業式に袴と合わせて着用することもできます。ちょっとしたお出かけ着や、パーティにも使えます。

 

振袖は、若い女性だけが着ることのできる華やかな和装。
現代は、着る機会が少ない着物ですが、ぜひ一度着てみてはいかがでしょうか。

十二単はどんなときに着る和装でしょう?

和装の中でも、なかなか実際に目にすることのない十二単。皇室の方や、お雛様を思い浮かべる人も多いと思います。
今回は、十二単の由来や、着用するシーンなどについて調べてみました。

 

十二単は、平安時代中期に完成した女房装束の儀服です。女房装束の代表格、十二単は成人女性の正装となります。宮中などの公の場所で着用され、宮中儀式などの際の公家女房の晴れの装いとして着用されてきました。
現在では、御即位の大礼の儀、皇族妃のご成婚の儀に着用されます。

 

以前、女優が結婚式に十二単を着たことがあり、少数派ですが、フォトウエディングなどで着る人もいるようです。
最近では、子供向けのフォトスタジオで、お雛様用の衣装で十二単風の衣装を用意しているところもあります。

 

十二単は、唐衣(からぎぬ)、表着(うはぎ)、打衣(うちぎぬ)、五衣(いつつぎぬ)、単衣(ひとえ)、長袴(ながばかま)、裳(も)から構成されています。

 

唐衣は一番上に着るものなので、十二単の中で一番美しく構成されています。上半身を羽織るだけの短い衣で、背見頃は、前身頃の約3分の2の長さで、袖丈より短くなります。
地位によって、地質、色目、文様に区別がありますが、一般的に地文の上にさらに別の色糸で上文を織り出した二重織物が用いられます。

 

表着は、唐衣の下に着ます。袿ですが、一番うちに着る袿のために、つけられたなまえです。二重織物などの高級な生地が用いられ、文様は立涌、唐草、菱文が多く、色は赤、萌黄、二藍などの色が使われます。

 

打衣は、表着の下に着る袿で、色は紅色や濃色が多く、地紋のみで上文はありません。

 

五衣は、地室は文、唐綾、絹などを用い、文様は地紋だけとなります。五枚重ねてきますが、色の重ね方や配合でそれぞれの着こなしをしていたそうです。

 

単衣は袿の下に着るものです。単衣仕立てで、地室は綾、絹などで、文様は菱に限られます。

 

長袴は、裾を後ろに引く長い袴になります。

 

裳は奈良時代には腰に巻いたものでしたが、平安時代になると腰に当てて結び、後ろに垂れて引くものになりました。地紋は三重襷の上に松、鶴、桐竹、鳳凰、海賦などの模様があり、色は白、赤、青、裾濃などがあります。

 

十二単に合わせる髪型は、おすべらかしです。髷を横に張り出し、頭頂部に髷を作った元結掛け垂髪を型やかもじなどをいれてボリュームアップしたものです。

 

普段の生活では、なかなか目にすることのない十二単ですが、その豪華さと優雅さは歴史を感じさせる大変美しいものです。ぜひ一度見てみたい和装の一つですね。

結婚式の和装にはどういう髪型が似合う?

最近、若い人たちの間でも人気になってきている和婚。
和装の花嫁姿は、洋装とは違った美しさがあります。
今回は、和装の際に似合う髪型、人気の髪型について調べてみました。

 

結婚式の和装は、白無垢、色打掛、引き振袖の3つのスタイルがあります。
これらの和装には、伝統的な髪型がある他、最近では自由なアレンジの洋髪も人気です。

 

まず、白無垢にはなんと言っても綿帽子です。
綿帽子は、白無垢にしかつけることのできないヘアアイテムで、奥ゆかしく、ふんわりと優しい花嫁を演出できるため、人気のヘアースタイルです。

 

文金高島田は、伝統的な日本髪です。
未婚女性の象徴と言われ、上品で優美な髪型。
最近は、かつらを使う花嫁酸が多く、白無垢や色打掛、引き振袖に合わせます。

 

角隠しは、文金高島田を結った髪の上にかぶる帯状の布のことです。「角を隠して、今家に従うおしとやかな妻になる」という意味が込められています。角隠しは、白無垢、色打掛、引き振袖のどのスタイルにも合わせられます。
白無垢に合わせれば美しく、引き振袖に合わせればクラシカルな雰囲気になりますね。

 

新日本髪は、伝統ある日本髪を結いやすくアレンジしたスタイルです。
地毛で結うので、かつらの重みもありません。可愛らしい感じに仕上がりますよ。

 

以上の伝統的な髪型には、鼈甲のかんざしや、くし、ちりめんなどの髪飾り、生花などで華やかにアレンジをするととてもゴージャスです。

 

以上の日本の伝統的な髪型は、コンスタントに人気ですが、ドレススタイルにも似合う洋髪も、最近の流行です。
白無垢、色打掛、引き振袖のどの髪型にも洋髪で結うことができます。生花で飾ったり、大胆なヘアアクセサリをつけます。

 

洋髪でも、基本はアップスタイルになります。和装の柄や襟元を活かすためにも、アップスタイルでまとめることがおすすめ。

 

最近では、洋髪に合うベールのようなオーガンジーの綿帽子があったり、カクテルハット、ヘッドドレスをつけることも人気のようです。
それぞれの個性を出せるスタイルを希望の人にとって、洋髪は良い選択になります。

 

和装に合わせる髪型にはいくつかありますが、日本髪は結婚式でないとなかなかする機会がないため、正当な和装の結婚式をしたい方にはおすすめの髪型です。
一方で洋髪も、色々なアレンジができ、自分の個性を存分に出し、かつモダンな和装の花嫁さんもとってもオシャレ。
せっかくの晴れの日ですので、自分に似合う、素敵な髪型で人生の門出を迎えられるといいですね。

更新履歴


このページの先頭へ戻る