結婚式 男性 和装

結婚式の男性の和装はどういうものがあるでしょうか?

最近では、新郎新婦が和装を着て結婚式をするスタイルも流行っています。
また、結婚式に招待された男性の方でも着物を着る機会が増えているようです。

 

今回は、和装の結婚式に新郎や、ゲストの男性が着る着物についてご紹介したいと思います。

 

新郎の正礼装、つまり格式が一番高い服装は、「黒五つ紋付き羽織袴」の1種類しかありません。

 

五つ紋とは、家紋をご箇所に黒地に白く染め抜いた紋のことです。染められる場所は、背紋が一つ、袖紋が2つ、抱紋が2つの合計5つです。レンタル衣装の場合でも、自分の家の家紋をプリントした布を貼り付けることができます。

 

羽織と袴下の着物は黒の無地になります。袴の島は、年配は幅が狭く、若い方は幅が広いほうが一般的。
手に白い末広を持つのが正式なスタイルになります。

 

この男性の正礼装は、着る季節や時間帯を問わず着用することができます。
新郎が和装を選ぶ際に気をつけなければならないことは、新婦の衣装との格を揃えることです。
新婦が正礼装である白無垢・色打掛・黒引き振袖を着用する場合は、この黒5つ紋付羽織袴を着用します。

 

新郎が着る和装の一つに、色紋付き袴もありますが、こちらは「略礼装」になるため、披露宴のお色直しや、パーティ、2次会などカジュアルな場所で着るものです。
新婦の衣装が正礼装だった場合は、格が異なるので色紋付袴を着ることはできません。

 

結婚式に招待された男性は、新郎が着用する黒5つ紋付羽織袴は着用しません。準礼装・略礼装に当たる服装で参加することがマナー。
長着と羽織の素材をお召や縮緬にして、三つ紋や一つ紋付きで仙台平意外の袴(無地や縞)に替えると、準礼装になり、羽織を脱いで長着と袴のみの場合は、略礼装となります。

 

御召と羽織袴の着用も略礼装にあたります。洋装で言うダークスーツにあたるため、平服指定のカジュアルな結婚式や二次会に最適な着物です。

 

男性が着物を着る機会は、成人式で着物を着る機会のある女性より少ないかもしれませんね。
せっかく日本人に生まれたのであれば、一度は伝統的な日本の衣装を身に着けてたくさんの人からお祝いされるのもいいものでしょう。
新婦の美しい和装姿の隣に、凛々しい和装姿の新郎はとても絵になります。

 

また、招待される側の男性も、和装の結婚式であれば、着物姿で参加するととても喜ばれると思います。洋装と同じように新郎新婦より目立たず、シックな装いで参加して下さい。

 


このページの先頭へ戻る