結婚式 和装 ネイル

和装の結婚式に似合うネイルは?

結婚式で和装を選ぶ人も、最近は珍しくなくなってきました。

 

結婚式では、三三九度の杯の場面や、指輪やブーケなどの小物があるため、手元の写真を撮ることが意外と多いです。

 

そんなときに指先まで素敵にコーディネイトされていたら写真映えも間違いなし。
和装に合わせるネイルをする機会も少ないので、ぜひ和装に似合うネイルで結婚式を迎えていただきたいです。

 

今回は、和装に似合う人気のネイルについて、ご紹介させていただきます。

 

まず、和装と相性の良いネイルカラーを選ぶためには、着物の色を考えます。

 

ヌードカラーやホワイトですと、どの着物の色にも上品にまとまるため、おすすめです。
白は昔からお祝いの色としても使われ、白無垢も純白なように結婚式の定番カラーです。
主張をせず、和装の雰囲気を壊さず、上品な仕上がりになります。

 

色打掛や引き振袖の場合、着物の中にあるカラーをチョイスすると和装スタイルにしっくりくるネイルになります。

 

最近では、和柄のネイルも多く、ネイルに着物の柄と同じ花や、水引などでアレンジしたものも多いですね。

 

おめでたい紅白カラーの和風フレンチネイルも人気の一つ。
紅白のおめでたい、お祝いの雰囲気が指先からも伝わってきますね。

 

肌に近いベージュピンクのグラデーションネイルも選ぶ人が多いです。
肌の色に近いため、白無垢を着ていても邪魔にならず、手元にやわらかい印象を与えます。

 

色打掛では赤や朱を選ぶ花嫁が多いことから、赤を基調にした真っ赤なネイル、赤とゴールでゴージャスにしたものは色打掛のゴージャスさにマッチします。

 

また、色ではなく、モチーフから選ぶのもいいでしょう。
選んだ着物に入っている桜などのモチーフから、同じお花のネイルをオーダーしてもぴったりです。
よくつかわれるお花のモチーフは、日本を代表する可愛らしい桜や、豪華絢爛な牡丹などです。これらのお花は着物との相性が抜群です。

 

市松模様や矢絣、麻の葉の模様などの和柄でマットな感じのネイルは、レトロな和装をチョイスした花嫁さんにピッタリ。指の先まで、個性を出したい人にはおすすめ。

 

和装を身につけると、ピンと背筋が伸びる思いになりますね。そんなときに、素敵なネイルだったら、より一層指先まで意識が行き届き、美しい花嫁姿になります。
和装の美しさを引き立てるおめでたい、花嫁らしいネイルは、人生の門出をより華やかに演出してくれるでしょう。


このページの先頭へ戻る