結婚式 招待 和装

結婚式に招待された人の和装の着付けについて

結婚式に招待された女性が着物で出席すると、とても華やかになり、周りの人から喜ばれます。
しかし、着物を自分で綺麗に着付けることのできる人は、あまりいないと思います。
結婚式という晴れやかなシーンなので、できるだけ着付けやヘアセットはプロに任せたほうがいいでしょう。

 

今回は、結婚式に招待されたら、着付けはどこですればいいのか、また相場などをご紹介したいと思います。

 

結婚式に招待され、和装で参加する場合は、着付けをどこで行うか考える必要があります。
よく利用される場所としては、結婚式場で着付けてもらう、または行きつけの美容室を利用する、という選択肢があります。

 

結婚式場で着付けてもらうメリットは、場所移動の必要がなく、天候や着崩れを心配する必要がありません。
また、式場内の美容室は、当日の挙式や披露宴の時間を把握しているため、きちっと調整し、時間までに仕上げてくれます。
デメリットは、自分で着物を持ち込むために、持ち込み料が加算される可能性があります。また、自分で予約をして着付けを頼もうと思っていた場合でも、美容室が新郎新婦や親族のスケジュール調整などを新郎新婦に伝え、結果的に新郎新婦に手間をかけさせてしまう恐れもあります。

 

行きつけの美容室は、自分の好みをわかっているため、気軽に頼めることがメリットです。また、式場ではないので持ち込み料も発生しません。しかし、美容室から結婚式場が遠い場合は、そこまでの交通手段や、着崩れの心配があります。

 

着物の着付け料金ですが、着用する着物の種類、また美容室によっても料金は変わってきます。
相場としては、振袖や訪問着を着付けて貰う場合だと、7,000円〜15,000円が一般的なようです。着付けと一緒にヘアセットを頼む人も多いですが、ヘアセットの相場は4,000〜6,000円が相場でしょう。

 

結婚式に和装を着用する親族の場合は、新郎新婦が着付け料を負担するケースが多いですが、招待客の分は、自分で負担するのが一般的です。
新郎新婦の希望で、着付け代は出すから着物で出席して下さい。といわれた場合は、ありがたく頂いても問題ないでしょう。

 

招待された人が着物で参列すると、結婚式は一層華やかになり、おめでたいお祝いムードが盛り上がります。特に、両家親族や年配の方からは好感を持たれることが多いようです。

 

美しい和装で、晴れやかなお祝いごとに花を添えてみてはいかがですか。


このページの先頭へ戻る